ビタミンB6(Vitamin B6)

English page

特徴

  • 水溶性ビタミンで光に弱い
  • 皮膚や歯を作り、成長を促進する
  • 体内の腸内細菌によって合成される
  • 精白米に含まれる
  • 体内のいろいろな代謝を助けて、肝臓に脂肪をためないようにする
  • 肝臓の健康を守るように働く
  • タンパク質の代謝を助ける
    (タンパク質を多くとる人ほどビタミンB6が必要)
  • 生理痛の改善
  • 不足すると湿しんなどの皮ふ炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこる

働き

  • タンパク質の代謝に不可欠
  • 皮膚や粘膜を正常に保つ
  • 免疫力を正常にする
  • 神経機能を正常にする
  • 肝脂肪を予防
  • 動脈硬化予防

欠乏症

  • アレルギー症状
  • 神経系の異常
  • 目鼻口耳の周辺に湿疹
  • 食欲不振
  • 睡眠時に足がつる

過剰症

  • 排泄されるため過剰摂取の心配なし
  • サプリメントによる過剰症あり
  • 感覚神経障害
  • 手足にしびれや痛み

多く含む食材

食材100g当たりの成分(mg)
にんにく(油いため)1.80
ピスタチオ(煎り)1.22
 葉(漬物)1.10
ミナミマグロ(生)1.08
とうがらし(生)1.0
抹茶0.96
ドライトマト0.95
びんなが(生)0.94
酒かす0.94
牛 肝臓(生)0.89
クロマグロ(生)0.85
(春獲り)生0.76

まとめ

  • 水溶性ビタミン
  • タンパク質の摂取に比例してビタミンB6の必要量も増える
  • 皮膚や粘膜を正常に保つ
  • 動物性のビタミンB6は体内での利用効率がよい
  • 過剰分は排泄されるため、過剰摂取になりにくい
  • 腸内細菌によって合成される