ビタミンB12(Vitamin B12)

English page

特徴

  • 主に動物性食品に存在する(植物性食品にはほとんどない)
  • 水溶性ビタミン
  • 光、空気によって酸化する
  • 「造血のビタミン」と呼ばれる
  • ヘモグロビンの合成を助ける
  • 葉酸と共にアミノ酸合成にかかわる
  • 胃の分泌物質と共に吸収されるので胃が弱っているときに不足する

働き

  • 悪性貧血の防止
  • 神経細胞の核質を合成し、神経を正常に保つ
  • タンパク質・脂質・炭水化物の代謝を助ける
  • 細胞の修復を助ける
  • 赤血球(ヘモグロビン)の合成を促す
  • 睡眠のリズムを整える

欠乏症

  • 悪性貧血(頭痛、めまい、吐き気、食欲不振)
  • 手足のしびれ、集中力の低下
  • 肩こり、腰痛、神経痛

過剰症

  • 過剰摂取の心配なし
  • 過剰摂取しても必要以上に吸収されない

多く含む食材

食材100g当たりの成分(㎍)
しじみ(水煮)81.6
カタクチイワシ(田作り)64.5
赤貝(生)59.2
味付け海苔58.1
すじこ(しろさけ)53.9
牛 肝臓(生)52.8
浅利(生)52.4
 内臓(焼き)49.6
北寄貝(生)47.5
いくら(しろさけ)47.3
(佃煮)45.4
鶏 肝臓44.4

まとめ

  • 水溶性ビタミンで水に溶ける
  • 動物性食品に多く含まれる
  • 過剰摂取しても必要以上に吸収されない
  • 胃の分泌物質と共に吸収されるので胃が弱っているときに不足しがち
  • 葉酸と共にアミノ酸合成にかかわる
  • 水溶性なので汁ごと食べれる料理がおすすめ