マグネシウム(Magnesium)

English page

特徴

  • マグネシウムの約57%は骨、40%が臓器や筋肉中にある
  • 3%が細胞外液と血中に存在する
  • 全体重の約0.1%を占める
  • マグネシウム1に対してカルシウムが2~3の割合が理想的
  • 中高年は食品からの吸収力が落ちてくるため不足しやすい
  • 大量にアルコール摂取でマグネシウムの排出量が増える

働き

  • 酵素の働きを助ける栄養素
  • 健康を維持するために必須の栄養素
  • タンパク質の合成やエネルギー代謝,筋肉の収縮
  • 血圧調整,体温調整,血糖値の調整などに働いている
  • 心機能(血圧など)の維持
  • 神経伝達の制御

欠乏症

  • 疲れやすく、イライラする
  • 集中力不足,慢性疲労,うつ,食欲不振,循環器系の疾患
  • 下痢、便秘
  • 低カルシウム血症
  • 筋肉の痙攣
  • 骨粗鬆症

過剰症

  • 通常の食事で取りすぎることはない
  • サプリメントにより「高マグネシウム血症」
    (吐き気や喉の渇き,下痢)

多く含む食材

食材100g当たりの成分(mg)
炒り胡麻360
アーモンド(煎り)310
落花生(煎り)200
片口鰯(田作り)190
ドライトマト180
きびなご(調味干)170
なまこ(生)160
油揚げ(油抜き)110
糸引き納豆100
生湯葉80
浅利(佃煮)79
ビーフジャーキー54

まとめ

  • 骨の健康を保つためにはマグネシウムが必要
  • すべての細胞に分布している
  • 日本人にはマグネシウムが不足気味
  • ストレスによって尿中に排出され不足する
  • マグネシウム1に対してカルシウム2で摂取する
  • ビタミンB6と共に働くことが多い
  • サプリメントでの過剰摂取に注意