冷凍保存と解凍のコツ

 

冷凍保存について

そもそも、冷凍って何?っていう所から、冷凍する方法、技術、理由など「冷凍」について詳しく、わかりやすく調べてまとめました。

 

 

冷凍ってなに?

  • -18度で食品を凍結させて保存する
  • 温度を下げることによって、食品についた細菌の活動が止まる
  • 食品を長持ちさせることができる
  • 少しの知識があるだけでおいしく保存できる
  • 家庭用の冷凍は小さいので温度の上昇が激しく、保存できる期間が約1か月
 

 

メリット・デメリット

メリット

  • 食品を長持ちさせることができる
  • 下処理をして冷凍できるので調理時間の短縮
  • 冷凍食品のクオリティが良く、おいしい
  • 旬の物を季節関係なく食べられる
  • 地方でしか味わえなかった物が食べれる
  • 調理済みの物も冷凍できる

デメリット

  • 品質や味が変わるものがある
  • 解凍方法を間違うと味を損ねる
  • 出来る食材とできない食材がある
  • すぐに使えない
  • 生のままの食感や味は復元できない

 

 

冷凍するときの6つのポイント

  1. 食品が空気に触れないようにする
  2. 水気をよく切る
  3. 冷やしてから冷凍する
  4. 小分けにする
  5. 平たくして、冷却効率を上げる
  6. アルミホイルやアルミのバットなどを使い熱伝導をよくする
 

 

解凍するときの5つのポイント

  1. 低温でゆっくりと解凍する
  2. ジッパー付きの袋に入れたまま、氷水に浸ける
  3. 冷蔵庫内で解凍する
  4. 小さな食材はそのまま調理することができる
  5. ドリップは菌が繁殖する原因になるので出さないようにする
 

まとめ

  • 冷凍は食品を長く保存できる
  • 家庭用の冷凍庫では保存期間が1か月程度
  • 加工すればほとんどの食品が冷凍できる
  • 冷凍するときは水気を切り、小分けして冷凍する
  • 早く凍るように工夫する
  • 低温でじっくりと解凍する
  • 解凍時にはドリップが出ないようにする